ビットキャッスル(bitcastle)なら暗号資産初心者でも簡単に運用できる!?

皆さんは暗号資産の運用を行なっていますか?これから暗号資産の運用を始めたいと思っている方におすすめなのがビットキャッスル(bitcastle)です。この記事を読めば、「ビットキャッスル(bitcastle)って何?」「暗号資産って何?」そんな疑問を全て解決することができます。

今後さらなる発展が期待されている仮想通貨ですので、1日でも早く運用を始めましょう!

暗号資産はインターネット上でやりとりするデジタル通貨

スマホと仮想通貨の写真

ここ数年で話題となっている暗号資産。メディアなどでも取り上げられているため、1度は耳にしたことがある方が多いと思います。暗号資産は、不特定のものに対して代金の支払い等に使用することができて、日本円やアメリカドルなどの法定通貨と交換することもできます。

また、暗号資産のやり取りは全て電子的に記録されており、移転することも可能です。暗号資産は、法定通貨や法定通貨建ての資産ではないので注意が必要です。

ちなみに、2020年に金融庁から仮想通貨を暗号資産へと変更すると発表があったため、現在では仮想通貨よりも暗号資産という言葉が多く使われています。

暗号資産を運用するメリット

気になるのが暗号資産を運用するメリット。メリットがなければ、運用したいと思いませんよね。今回紹介するメリットは2つ。

1つ目は、いつでも取引ができるという点です。暗号資産は、24時間365日いつでも取引ができるというメリットを持っています。例えば株式投資の場合は、証券書の取引時間内にしか取引を行うことはできません。

限られた時間に取引を行わなければいけないので、仕事が忙しい方や子育てをしていて時間を割くことができない方には運用が難しいのですが、暗号資産は24時間365日いつでも取引ができますので、忙しい方でも通勤時間や夜の時間を使って気軽に投資を始めることができるのです。

そして2つ目は、価格が大幅に上がる可能性があるという点です。暗号資産は、需要が大きくなることで価格も大幅になる特徴を持っています。どの暗号資産も最初は1円にも満たないくらいの低い価格で取引されますが、将来性が期待されると世界中から購入希望が殺到するため価格は一気に高騰します。

現在1BTC=約500万円で取引されているビットコインですが、実は最初の取引はピザ2枚に1万ビットコインを支払うほど価格が低かったのです。今では考えられませんが、この頃にもしビットコインを持っていたら驚くほどの資産を築くことができたでしょう。

暗号資産を運用するデメリット

メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。デメリットについても2つ紹介していきます。

1つ目のデメリットは、変動が激しいという点です。メリットとして価格が大幅に上がる可能性があると挙げましたが、逆を言えば大きな損失を生む場合もあるということです。

先ほど紹介したビットコインですが、2021年始めのビットコインは約300万円でした。その後約600万円まで価格が上昇しましたが、現在は約500万円前後となっています。

1年の間で数百万円単位で変動があるため、損失を抱えてしまうリスクがあるということに注意しましょう。

2つ目のデメリットは、取引所がハックングされるリスクがあるという点です。暗号資産は、ブロックチェーンと呼ばれる技術を使っているため安全性はとても高いです。しかし、取引所はハッキングのリスクが伴います。

取引所がハッキングされると、個人情報の流出や不正取引が行われる可能性があるため、利用する取引所をきちんと選ぶようにしましょう。

初心者にはビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションがおすすめ

仮想通貨の写真

暗号資産について紹介しましたが、初心者にはなかなかハードルが高いと感じた方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におすすめなのがビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプション取引です。

バイナリーオプションは、簡単にいうと価格が高くなるか低くなるかを決めて取引を行うものです。暗号資産について知識がない初心者は、どのようにして運用したら良いのかわからないと思います。しかし、まずはバイナリーオプション取引のように簡単な方法を使って運用してみることをおすすめします。

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプション HIGH&LOWとは?

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプション「HIGH&LOW」は、全部で4種類あります。それぞれどのような違いがあるのかを見てみましょう。

①High&LOW

通常のバイナリーオプションで期日の時間枠は15分から1日用意されています。

②High&LOW  Spread

通常のHigh&LOWにスプレッドがついたのが、High&LOW  Spreadです。従来の判定より少し厳しい判定となっています。しかし、その分デフォルトのPayout率が高いのが特徴です。

③Lightning

時間枠での注文締め切りということがなく、任意の注文タイミングから規定秒数後に期日を迎えて結果が出るのがLightningです。スパンは、最短で5秒。この速さは暗号資産を扱っているバイナリーオプションとしては、世界最速となっています。

そしてこのLightningは、ビットキャッスル(bitcastle)の一押しのコンテンツなのでとてもおすすめです。

④Lightning Spread

先ほど紹介したLightningに、スプレッドがついたタイプがLightning Spreadです。従来の判定より少し厳しい判定となりますが、その分デフォルトのPayout率が高くなっています。ビットキャッスル(bitcastle)随一のデフォルトPayout率を誇っています。

ビットキャッスル(bitcastle)の世界最速モード「Lightning 5sec」

ビットキャッスル(bitcastle)のように、バイナリーオプション業界で暗号資産を取り扱っているプロバイダーはいくつか存在します。しかし、ビットキャッスル(bitcastle)にしかないコンテンツが「Lightning 5sec」なのです。

一般的にはタイムスパンが30秒を切ることは珍しいと言われていますが、ビットキャッスル(bitcastle)はたった5秒で決着がつくモードを用意してくるのです。

注文してからたった5秒で結果を得られるなんて、驚きですよね。このように短時間で連続的に結果が得られることで、再投資による大きな利益への可能性を見出したのです。

【まとめ】ビットキャッスル(bitcastle)なら暗号資産初心者でも簡単に運用できる

今回は、暗号資産の概要と暗号資産を運用するために使いたいビットキャッスル(bitcastle)について紹介しました。まだまだ暗号資産は注目を集めている投資方法ですので、この機会にぜひ始めてみることをおすすめします。もちろん、最初はどのように運用したら良いのかわからないと思います。

そんな時にぜひ活用していただきたいのが、ビットキャッスル(bitcastle)です。暗号資産について詳しくない方でも簡単に運用することができますので興味がある方はビットキャッスル(bitcastle)のサイトをご確認ください。

ビットキャッスル(bitcastle)の詳細についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。