スマキャン(SMA CAN)は怪しい詐欺なのか調査!評判と口コミも紹介

皆さんは誰でも毎月40万円が狙えるビジネス「スマキャン(SMA CAN)」を知っていますか?難しい知識やスキルを持っていなくても安定した収益が得られるそうですが一方で「怪しい詐欺じゃないか」とも言われているようです。

そこで今回はスマキャンスマキャン(SMA CAN)は怪しい詐欺なのか概要、評判と口コミを調査してみた結果を紹介していきます。新しいビジネスに興味がある方や楽してお金を稼ぎたいと思っている方におすすめの内容です。

スマキャン(SMA CAN)は怪しい詐欺ではない?初心者でも安心のビジネス

スマキャンの画像

スマキャン(SMA CAN)は、スマートフォン1台で誰でも毎月40万円が目指せるビジネスだと言われています。毎月40万円と聞くと、かなり難しいスキルを持っていないと難しいのではないかと構えてしまいますが、そんなことはないようです。

  • 専門知識や難しいスキル不要で始めることができる
  • 実践者500名突破の実績
  • 平均収入月収42万円

なぜこんな稼ぎ方が可能なのか気になりますよね。従来の働き方とは異なるからのようです。一般的に「働く=会社に行く」のイメージが強いですが、これは「労働収入」と呼ばれる働き方です。

労働収入は、その名の通り働くことによって収入を得ることです。つまり会社員が夜遅くまで残業をして毎日一生懸命仕事をしていることを指しています。労働収入は、毎月安定して給料をもらうことができますがあまり効率的な働き方ではないと言われています。

なぜ効率的ではないのか、それは自分の時間を切り売りしているからなのだとか。自分の時間を使って働くことは当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、世の中には自分の時間を犠牲にしなくても収入を得ることが可能な働き方があるとスマキャン(SMA CAN)は解説しています。

権利収入なら働かなくても自動で収益が発生

スマキャン(SMA CAN)がおすすめしているのが権利収入です。

  • 仕組みを作って稼ぐ
  • 仕組みが自動で稼いでくれる
  • 自分が働かなくても継続して収入が得られる
  • 得られる収入に制限はない
  • 自分の自由な時間が得られる

上記が権利収入の概要ですが、この内容を見ると楽してお金を稼ぐことができる印象がかなり強いです。専門の知識やビジネスの経験がないと権利収入を得ることはできないのではないかと思ってしまいます。

しかい、スマキャン(SMA CAN)が教えてくれる方法を使えば初心者でも簡単に働かなくても安定した収益を得ることが可能だと言われています。

スマキャン(SMA CAN)はオーナー権利収入を推奨している

スマホの写真

スマキャン(SMA CAN)が推奨しているのは、オーナー権利収入と呼ばれるビジネスです。オーナー権利収入と聞くと、不動産でも買って運用するのかと勝手なイメージを膨らませてしまいますがそうではありません。

オンライン上でとても話題になっている「あるバブル」を活用した最新の稼ぎ方です。必要はものはスマートフォン1台だけ。あとはただ放置するだけで継続収入が発生すると言われています。

  • 必要なものはスマートフォン1台だけ
  • 放置しているだけで継続収入を得ることが可能
  • 誰でも初月から毎月40万円が狙える
  • 資金やスキル不要で始めることができる
  • 一撃収入と権利収入の2つの収入源を得られる
  • 即日報酬発生のチャンス有り

スマキャン(SMA CAN)の概要は上記の通りです。スマートフォン1台で本当に毎月40万円が狙えるのか怪しいなと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがスマキャン(SMA CAN)の無料WEB説明会です。

スマキャン(SMA CAN)のWEB説明会で学べること

  • 毎月40万円の権利収入の仕組みを構築する方法
  • オーナー権利収入で一撃収入と権利収入の2つを手に入れる方法
  • どのような副業よりも圧倒的な利益が目指せる仕組み
  • 副業未経験者でも毎月安定した権利収入と自由な時間を手に入れるための方法
  • 第三者機関によって安全性が保証されているテクノロジー
  • 早く参加すればするほど得をする秘密
  • 知らないと将来確実に貧困層になってしまう日本の恐るべき実態
  • ライバルがいない圧倒的なブルーオーシャン
  • 第3のインターネットバブルとは
  • 権利収入を雪だるま式に増やしていく方法

スマキャン(SMA CAN)のWEB説明会では上記の内容を学ぶことができます。この項目を見ても、かなり濃い内容を学ぶことができるようなので少しでも気になるのであれば説明会への参加してみた方が良いでしょう。

スマキャン(SMA CAN)をやってみた人からの評判

吹き出しの写真

スマキャン(SMA CAN)の公式サイトには実際にスマキャン(SMA CAN)をやってみた人からの評判や口コミが掲載されています。

一体どれくらいの金額を得ることに成功したのか気になりますが、その点についても情報がありましたので紹介していきます。

①スマキャン(SMA CAN)でいくらの権利収入を得ていますか?

グラフの写真

スマキャン(SMA CAN)の公式サイトには毎月40万円の収益が狙えると書かれています。実際にやってみた人の評判を見てみると33%の人が30〜50万円の収益を得ていると回答しています。

毎月40万円の収益と聞くと怪しいと感じる方も多いかもしれませんが、この数字を見ると怪しい詐欺ではないのだと分かるかと思います。中には100万円以上の収益を得ている強者もいるようなので、スマキャン(SMA CAN)をやってみる価値は大いにありそうです。

②スマキャン(SMA CAN)で初めて権利収入が発生したのはいつ?

グラフの写真

スマキャン(SMA CAN)に限らず、ビジネスをスタートさせて実際に収益を得るためにはかなりの時間がかかります。副業で良く耳にするYouTubeは、まずはチャンネル登録者数を増やさなければ収益には繋がりません。

しかし、スマキャン(SMA CAN)はスタートさせてから翌日から3日程度で収益を得ることに成功した人が90%を超えています。驚異的な数値にただただ驚いてしまったのですが、これならすぐにお金が欲しい方でも納得して始めることができるのではないでしょうか。

7日以降に収益が発生したと回答した人は3%なので、ほぼ1週間以内に収益が発生すると考えていて良さそうです。

③スマキャン(SMA CAN)は初めてでしたか?

グラフの写真

これまでビジネスや副業をやったことがない人だと、新しいことに挑戦するのはかなり勇気がいると思います。不安と心配で挑戦を諦める方も中にはいますが、スマキャン(SMA CAN)はやってみた人の全員が初めてだったということがわかりました。

初心者でもしっかり収益を出すことに成功している、誰でも簡単にできることを考えるとスマキャン(SMA CAN)なら不安を感じることなく副収入を得ることができそうです。

④無料WEB説明会に参加してよかったですか?

グラフの写真

最後の質問はスマキャン(SMA CAN)の無料WEB説明会に参加してよかったかどうかの質問です。満足と回答した人が最も多く91%でした。

中には不満足と回答した人もいますが、たった2%ですし、満足度100%だった方が怪しいなと逆に感じてしまいます。不満足2%というリアルな数字を公表していることに対して好感が持てました。

ほとんどの人がスマキャン(SMA CAN)のWEB説明会に満足していますし、無料で受けることができるため迷っている方は受講した方が良さそうです。

スマキャン(SMA CAN)はDefiで圧倒的な収益を狙う

DeFiの写真

スマキャン(SMA CAN)がどのような方法で収入を得ていくのか、さらに詳しく調べてみたところ次世代型の金融サービスDefi(ディーファイ)を使うことがわかりました。全く聞いたことがない人もいるかもしれません。

Defiは仮想通貨が持っている独自の機能を使って銀行のように世界中の誰もが好きな時にスマホでお金を借りたり預けることができる仕組みのことです。

ただ預けるだけではなく預けた金利が銀行の数百倍になることもあるため、かなり注目されているそうです。日本国内の大手企業もDefiに関する事業を始めるなど今後さらに市場が拡大すると言われています。

つまり、借りたい人は借りたい放題で貸したい人は金利手数料を受け取り放題というわけです。

グラフの写真

上記の図を見ると銀行とDefiの差が一目瞭然ですよね。しかし、スマキャン(SMA CAN)ならDefiのさらに2段、3段上の「WEBオーナー収入」を得ることができます。つまり、私たちがお金を貸したり借りたいする必要はないのです。

Defiという仕組みの良い部分だけを活用して莫大な利益を安定的に狙うことができるわけです。Defiを始める場合、仮想通貨が必要なのですがスマキャン(SMA CAN)が勧めている基軸通貨がGROWという仮想通貨。

急成長しているDefi市場で使用される仮想通貨なので、その価格上昇率は他の仮想通貨と全く比べ物にならないくらい大きいものとなるようです。今、手に入れることができれば恐らく5倍〜20倍は軽く目指せると言われています。

仮想通貨といえばビットコインというイメージが強いかもしれませんが、価格を圧倒的に伸ばしている通貨には全て共通点があることを知っていますか?

その共通点とは、「需要が伴っている」ことです。仮想通貨の価格が上がるのはたくさんの人がその仮想通貨を手に入れたいと思うからですよね。たくさんの人が欲しいと思わなければ通貨の価格は上がりません。

つまり逆に考えると多くの人が手に入れたいと思う仮想通貨を選ぶことで誰でも必然的にお金を稼ぐことができるようになるわけです。Defiは仮想通貨市場で最も注目されていますし、GROWも今後さらに需要が高まる仮想通貨です。

しかし、GROWは現在仮想通貨取引所のオーナーと関わりのある一部の投資家のみしか紹介がされていないことがわかりました。すでにGROWを保有している初期投資家が何十人といますが、彼らは初期投資家しか得ることのできない特別な利権を付与されているそうです。

「特別な利権」がどのようなものなのかとても気になりますが、スマキャン(SMA CAN)の先行キャンペーンでGROWを手に入れた方にはこの特別な利権も付与してもらえるそうです。一体どのような利権なのか気になりますよね。もちろん、こちらについても調査を行っています。

GROWを保有することによって得られるメリット

GORWの写真

初期投資家限定、GROWを保有することによって得られる3つの利権を紹介していきます。

①配当0.1%が付与される

スマホの写真

GROWを保有している方には、GROWの元本に対して0.1%の配当が毎日配分されます。毎日配分されるなんて驚きですよね。仮に100万円分のGROWを手にしているとしたら毎日1,000円の配当が手に入るということになります。

0.1%と聞くと少ないように感じますが、現在の銀行の金利は年間で0.001%〜0.002%程度です。銀行に100万円預けていたとしても1年間でたった20円しか増えません。これを聞くとGROWを保有していれば1日で1,000円が増えるのはかなりお得だとわかります。

年間で計算すると36万円以上は受け取ることができる計算になります。36万円と聞くとボーナス1回分と同じくらいの金額を無料で受け取ることができるため、配当の利率としてはかなり良いですね。

GROWの写真

実際にGROWの配当を受け取っている人から上記の画像を入手したのですが、毎日配当が分配されているのがわかります。仮想通貨の場合、プロジェクトが途中でなくなってしまうこともありますがGROWは上場前からすでに配当の配分が始まっているため安心して挑戦することができます。

GROWは入手した次の日から毎日配当収入を得ることができますが、これはGROWが上場する前までの利権のようです。一般の方は配当の分配自体を手に入れることができません。

初期投資家だけの特権であることを認識しておきましょう。

②超高金利での貸し付け権利

GROWの写真

GROWが仮想通貨のDefiで使用される予定だと紹介しました。さらに深く解説していくと、Defiとは口座に預けている仮想通貨を第3者に貸し付けてそのお礼として利息を受け取る手法のことです。

イメージ写真

例えば私がビットコインを100万円分持っているとします。それを貸し付けの金融サービスに預けると、そのお礼としてビットコインを受け取ることができるイメージです。

コインチェックが行っているDeFiであれば本来金利として受け取ることができるのは貸し付けを行った通貨のみです。しかし、スマキャン(SMA CAN)のサービスでは貸し出した通貨にプラスでGROWも金利として受け取ることができます。

つまり2つの仮想通貨を金利として受け取ることができるわけです。

イメージ写真

2つの仮想通貨を受け取ることができるサービスを「WPF」と言います。WPFとは、2022年にオープン予定となっている最新の仮想通貨融資サービスのこと。

GROWを保有することにより、WPFの運営に携わることができDeFiサービスのオーナーになることができます。オープン前にも関わらず国内外の機関投資家の間でとても話題になっています。

GROWを保有している投資家は、WPFのオーナーになることができ自分の利益の出やすいようにWPFを運営していくことが可能です。

これだけでも非常に大きなメリットですが、GROWを保有しているとさらに大きなメリットを得ることができます。それが「高利率貸し付け権利」です。あなたが金利として受け取ったGROWを300〜1,000%前後が見込める超高金利で貸し付けすることが可能です。

もっとわかりやすく解説すると、あなたが100万円分のビットコインを預けてその金利として50万円分のGROWを受け取ったとします。

イメージ写真

そして今度はGROWを欲しいと思っている人に対して、GROWを300%〜1,000%が見込める超高金利で貸し付けを行います。仮にあなたが50万円分のGROWを貸し出し、金利が1,000%だった場合一切作業をすることなく500万円分のGROWが手に入るわけです。

中には「仮想通貨を借りる人なんているの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。ですがDeFiの市場規模は年々拡大しており、その市場規模は1,000億ドルを上回ると予想されています。この市場規模はコンビニやECと同じくらいですので、いかに仮想通貨の貸し借りが頻繁に行われているのかがわかります。

その理由について解説していきます。

金利が安い

銀行や消費者金融からお金を借りる場合、最大で18%の金利がかかってしまいます。なぜこんなに高い金利がかかってしまうのか。それは中央管理者が存在しているからです。中央管理者は取引履歴などを管理して信頼性を担保する役割を担っています。

中央管理者もビジネスとして行っているため、ユーザーから高い手数料を受け取らなければ生活することが難しいのです。しかし、DeFiは銀行のような中央管理者が存在していません。では、どのように管理を行っているのか。DeFiではブロックチェーン技術を使って信頼性を担保しています。

ブロックチェーンがあれば、中央管理者不在でも安心して取引を行うことができます。銀行や消費者金融からお金を借りる場合、とても高い金利を支払いますがDeFiの場合は金利がとても小さいので大きな資金を借り入れしたい企業や団体が積極的にDeFiを活用しています。

仮想通貨を借りて、すぐに日本円に変換することができれば価格変動のリスクがないため企業側としてもメリットがとても大きいです。

イメージ写真

このようにDeFiは、両者からしてもかなり有益なサービスです。今後もDeFiを活用したサービスは市場規模をさらに拡大していくことは間違いないと言われています。

需要が高い仮想通貨

そしてGROWはWPFのDeFiで金利として利用されている基軸通貨のためとても需要が高いコインです。GROWを欲しがる投資家や企業たくさんいると言われているので、保有しているGROWは300%〜1,000%が見込める高金利で貸し出すことができるわけです。

GROWは、上場後さらに大きな買い需要が予想されているため上場前に大量に購入しておくことで金利の還元を最大限に受け取ることが可能です。初期投資家だけに与えられた特権をフル活用するのがおすすめだと紹介されていました。

③上場時10倍確定権利

コインの写真

ここまでGROWについて解説しましたが、GROWのポテンシャルの高さがわかりました。しかしGROWの初期投資家にはさらに大きな権利が付与されるそうです。

それが「上場じ10倍確定権利」です。GROWだけではなく、仮想通貨には取引所に上場する際に「1枚いくらで上場する」とレートが予め決められています。そしてGROWの場合は1枚10円で上場することが決定しているのだとか。

ここで多くの人が上場後にGROWを手にしていけば価格が10円、50円、と上がっていくことになります。先ほど「上場時10倍」と説明しましたが、初期投資家はGROWを1枚10円ではなく1円で手に入れることができるそうです。

100万円分のGROWを手に入れることができれば、上場時には1,000万円分の価値に引き上がることになります。確実に資産価値が10倍になるチャンスですし、200万円、300万円分のGROWを手に入れることで2,000万円、3,000万円の金額を一撃で目指すことができてしまいます。

スマキャン(SMA CAN)以外にも、上場後に10倍の価格が見込めると謳っているプロジェクトはたくさんあります。それらのプロジェクトとスマキャン(SMA CAN)は一体何が違うのか気になりますが、GROWの場合は上場後の可能性の話ではなく手にした時点で10倍が確定しているところが大きく異なる点です。

GROW以上に確実性の高いコインは他に探してもなかなか見つからないと言われていますので、一撃で資産を大きくしたい方にはかなりおすすめだと書かれていました。

スマキャン(SMA CAN)に登録するともらえる豪華特典

プレゼントの写真

今回GROWを手に入れた方には入手枚数に応じて最大2倍のボーナスが付与されます。ボーナスの付与金額は以下の通りです。

  1. 配当0.1%付与権利
  2. 300%〜1,000%が見込める超高金利貸し付け権利
  3. 上場時10倍確定権利

かなり良い条件ですが、さらに5つの豪華特典を用意しているそうです。これはスマキャン(SMA CAN)以外の初期投資家には付与されません。

①GROW最大2倍ボーナス

GROWの入手枚数に応じて最大2倍のボーナスが付与されます。

  • 30万円以上・・・10万円ボーナス
  • 100万円分以上・・・30万円ボーナス
  • 300万円分以上・・・入金額2倍ボーナス付与

仮に300万円分のGROWを手に入れた場合、2倍ボーナスが付与されるため合計600万円分のGROWをゲットできます。そして上場時は10倍の価格になるので、合計6,000万円分になります。ここまで大きな利益が見込めるコインは他にないと言われています。

②上場保証&全額返金保証

GROWは2022年中(2022/4/1〜2023/3/31)にbitcastleという取引所に上場することが予定されています。bitcastleでは厳しい審査を通過したコインのみが上場できます。つまりGROWは非常に信頼度が高い通貨であることがわかります。

③特別コミュニティサイトのアクセス権利

GROWのコミュニティサイトは投資初心者〜上級者まで幅広い方が投資について学ぶことができるコンテンツを公開しています。

④専門スタッフによりマンツーマンでのLINEサポート

「仮想通貨は初心者だから不安」そのような方のためにGROWでは専門スタッフによるマンツーマンのLINEサポートを付けてくれています。取引所の開設方法が分からない方、仮想通貨の入手方法が分からない方でも安心して始めることができます。

⑤GROWホワイトペーパー

仮想通貨投資の世界ではプロジェクトの内容について詳細が書かれている「ホワイトペーパー」というものが発行されているそうです。GROWでもホワイトペーパーを発行しており、以下の内容が書かれています。

  • GROWが目指すビジョン
  • GROWの特徴
  • トークン発行枚数
  • 資金調達用途
  • 価格高騰の施策 など

ホワイトペーパーには、今後どのようにしてプロジェクトが進行していくのかを知ることができます。

スマキャン(SMA CAN)の口コミと評判

吹き出しの写真

スマキャン(SMA CAN)をやってみた人の口コミと評判も気になるところですよね。もちろん口コミと評判も調査をしました。こちらも参考にしてください。

スマキャンは仮想通貨に関連した最新のビジネスです。
これはまだ世の中に出回っておらず、今始めればほぼ確実に先行者利益を獲得できます。

収入を狙う方法は複数用意されているので将来的に大きく稼ぎたい、今とりあえずのお金が欲しいなど様々なニーズにこたえてくれます。

お金に余裕ができて心にも余裕ができた私は仕事も辞めていいかなと思うようになり転職も決意。
今はずっと興味があったインテリア系の仕事に挑戦しています!

人生を変えるきっかけになったスマキャンを多くの人に知ってもらいたいです。

引用元:スマキャン公式サイト

スマキャンを始めてから4か月くらいで毎月20万円ほど稼げるようになりました。
普段のフリーランスの仕事と合わせると十分な収入になり生活にも余裕が出てきましたね。

当然自分で使えるお金も増えたので最近はゴルフクラブを買っちゃいました(笑)
でも、浪費癖は少しずつ直していきたいとも思っています。

もうすぐ孫が生まれることがわかったので、その子のために貯金をしてもいいかなと思いまして。

スマキャンでこれからの人生もっと楽しめることを確信しています。

引用元:スマキャン公式サイト

Webセミナーに参加してじっくりと話を聞いた結果、ぜひやってみたいと思うようになりました。
単純と思われるかもしれませんが、セミナー内容が非常に充実していて、他の方のリアクションもよかったです。

私には毎日仮想通貨による配当とシステム運用による収入が発生しています。
これのおかげで子供たちを育てることにプレッシャーを感じなくなりました。

現在はコロナも少し落ち着いて医療事務に戻ることもできており、イラスト仕事とスマキャンの3本柱でやっています。

スマキャンだけでも十分な収入が目指せるようになりましたが、子供のために貯蓄もしたいので、自分のペースで無理なく働きながら子育てを楽しんでいきたいと思います。

引用元:スマキャン公式サイト

【まとめ】スマキャン(SMA CAN)の評判も口コミも良い!やってみたら怪しい詐欺ではないことがわかった

今回はスマキャン(SMA CAN)の概要、評判と口コミを調査した内容を紹介しました。仮想通貨と聞くと漠然と「怪しい詐欺ではないか」と思ってしまいますが、そんなことはありませんでした。むしろ初心者でもすぐに成果を得ることが可能な方法であることがわかりました。

スマキャン(SMA CAN)に興味がある方はまずはWEB説明会への参加がおすすめです。迷っている間に定員に達することもあるようですので、気になる方は早めに申し込みを行ったほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です